うつ病を1年6ヶ月間支える【傷病手当金】について

サイトメニュー

傷病手当金の支給期間

カウンセリング

傷病手当金の支給期間

うつ病で傷病手当金を申請しようと考えている場合に気になるのは、支給期間についてですよね。傷病手当金は、支給期間が決まっています。これは、病気の種類などで左右されるものではなく、原則「最長で支給開始日から1年6ヶ月」と決まっているのです。必ずしも1年6ヶ月分が支給されるわけではない、ということも頭に入れておきましょう。また、傷病手当金が支給されている1年6ヶ月の間で仕事に復帰することができたけれど、うつ病が再発して仕事ができなくなってしまった場合、復帰していた期間も1年6ヶ月の中に含まれています。仕事に復帰していた分の日数が延長されるこてゃありません。そして、仕事に復帰している間は、傷病手当金は支給されません。傷病手当金の支給が初めってから1年6ヶ月を超えた場合、仕事に復帰することができなくても、傷病手当金は支給されなくなってしまいます。

退職した場合の支給

うつ病を発症してしまった方の中には、退職を余儀なくされる方もたくさんいます。では、傷病手当金を受給していたけれど、退職しざるを得なくなった。となった場合、退職した後の期間の支給はどうなるのか?というところですが、退職したあとも傷病手当金を申請することはできます。しかしそれには、2つの条件があります。1つ目は「退職日(被保険者としての資格を失う前日)までの1年以上継続して被保険者期間がある」ということ。これには、健康保険任意継続の被保険者期間は含まれていません。2つ目は「退職時(被保険者としての資格を失った時)に、傷病手当金を受給している、または受給の条件を満たしている」ということです。この条件を満たしていれば、退職後も傷病手当金を受給することができます。しかし、退職日に出勤した場合には、傷病手当金の給付対象の休養にはあてはまらなくなり、継続給付の条件を満たさなくなってしまいます。そのため、退職日の翌日以降の傷病手当金が支給されなくなってしまいますので、注意しましょう。

注意!支給期限内でも受給できないケースがある

うつ病を発症して休養が必要になった場合、傷病手当金の受給資格がありますが、場合によっては、傷病手当金が支給されないケースもあります。まず第一に、給与の支払いがある場合は、傷病手当金は支給されません。また、傷病手当金の他にも、他の給付金を受給している場合、傷病手当金の支給が臼歯、または減額、という形になってしまう恐れがあります。傷病手当金を受給できない、他の給付金というのは「障害厚生年金・障害手当金」「老齢退職金」「労災保険(休業補償給付)」「出産手当」などになります。基本的に、これらの給付金を受け取っている場合、傷病手当金の支給は受けることができないことになっています。